« NEW!猫ひげとFINDING NECO@新潟 | Main | 丸ポスト@寒河江SA »

2004.09.24

親ニャンと共に子育て奮闘開始。

親ニャン;部屋のど真ん中で休憩中のところ、子ニャンズにおっぱいをせがまれ『勘弁して~』って表情。
1999年10月頃

FH000008.JPG

前回の続き。猫なんて飼ったことのない私と母になった親ニャンとの子育て奮闘(?)が始まりました。

まず、外猫だった親ニャンを家猫にしたため、トイレと砂を買いに行きました。これまでどおり、トイレに行きたいから外に出せニャー!!と訴えられてからあわてて買いに走ったおバカな私。けど、粗相もせず親ニャンは待っていてくれました。うちに帰って玄関でネコトイレに砂をあけたところ、すぐに用を足してくれました。
やっぱり親ニャンは元飼い猫だったのかな?
ここでも実感します。

トイレといえば子ニャンズの方。やっぱり粗相されました。犯人は今、我が家にいる子ニャンです。
子猫の飼い方についての本を参考に、粗相した現場をふきとったティッシュペーパーをトイレに置き、トイレの臭いを覚えさせました。砂も掻かせてみて。
そうしたら!
次からはトイレでしてくれるようになりました。しかも、ほかの2匹まで躾なしでトイレを覚えてくれました!
人間も家庭環境って大事だけど、動物も一緒かぁ~なんてしみじみした瞬間です。

食事や水を飲むことも兄弟なかよく、すべて見よう見まねで3匹が一緒に成長していく過程は楽しかったですよ。
水なんて、親ニャン用の水入れに恐る恐る顔を入れて、ゲホゲホむせながら一生懸命飲んでました。
大きくなるにつれて、夜中や早朝に『ミャーミャー、パタパタパタ・・・・』と子ニャンたちの運動会が毎日開催されるようになり^_^;私は寝不足の日々が続きました。けど、可愛いからすべて許せます。
けど、ペット禁止のアパートでいつまでもそんなことを続けられない。。。
里親探しを始めることにしました。そのお話は次回に。

子ニャンズ;すくすく育ちました。3匹でプロレスごっこ中。こうやってネコ社会を学んでたんだな、きっと。
FH000007.JPG

|

« NEW!猫ひげとFINDING NECO@新潟 | Main | 丸ポスト@寒河江SA »

黒猫たちのヒストリー」カテゴリの記事

Comments

猫ってホントに神秘的というか、賢いというか。
実は、人間が主導権を持ってるんじゃなくて、
猫の方が持ってるんじゃないのかと思えるね。
ちゃんと見極めて、猫の方が「この人間を飼い主に認定しよう」って(笑)
はたぼー。さんと黒猫たちの物語を読んでると、
そうとしか思えないのよね~。

Posted by: うこ | 2004.09.24 at 08:26 PM

黒猫たち。meet はたぼーさん。ですね〜まさに。
親ニャンは飼い猫でしょうね。粗相をしないところはうちのフワフワと同じです。ちびネコニャンも賢いね〜〜〜*耳が未だパンダみたいでかわゆすぎです。

Posted by: kuku | 2004.09.24 at 09:53 PM

>うこさん
認定されてますよね、私。認定印はにくきうですにゃ(笑)
独り者の私ですが、このときは子育てってこんな感じなんだろうなーって漠然と思いながら毎日過ごしてましたよ。
可愛いから許せるとはいえ、疲れましたから(-_-;)
親ニャンも子ニャンズが眠った隙をみて、広いスペースに移って転がってましたから(^_^)

>kukuさん
子猫って大きくならなきゃいいのになあって思ってました。
可愛いですよね♪

下痢をするはずなのに、人間の牛乳しか飲んでくれなかった親ニャンが、子ニャンズの影響を受けて、水入れの水道水を飲んでくれるようになったんですよ。
家族はやっぱり大事みたいです。

Posted by: はたぼー。 | 2004.09.24 at 11:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17034/1456744

Listed below are links to weblogs that reference 親ニャンと共に子育て奮闘開始。:

« NEW!猫ひげとFINDING NECO@新潟 | Main | 丸ポスト@寒河江SA »