« January 2013 | Main | July 2013 »

2013.02.24

記録を残すこと。

2/24子ニャンさん。
Img_5324_1_1

今更ながら、子ニャンさんの撮影に高画質モードを使ったことがないと気が付き。
RAWで撮影してみました。
jpegに変換しないとここにupはできませんが。

同じような写真ばかり、ヘタレ写真ばかりになるだろうけど、目の前に被写体がいる限りカメラは構えようと思うのです。いなくなったら撮れないしね。親ニャンの写真、最後の1年あまり撮らなかったんだよな・・という反省がワタシにカメラを構えさせているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.23

消えない雪などないが・・・

もう2/23なのに、まだ150cmの雪が残っています。寒くて溶けないらしいんですね、それに加えて今日も雪。
うちは平屋で、屋根の雪を裏庭に捨ててもらっているのですが、そんなスペースがなくなるほど雪が積もりました。
雪室やかまくらのなかにいるようなものです。寒い寒い。

でも、お外のにゃんこたちはそれなりに暮らしているようです。
高く積もった雪のおかげで、うちの屋根の上をあるくにゃんこたちがちらほら。

ちゃっかり雪のないところに鎮座しているにゃんこさん、積った雪は私の目線の高さ。
Img_5315_1

カメラに気付かれた^^;
Img_5316_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.17

日曜の嘆き。

働けど働けどなおわが暮らし楽にならざり
Img_5306_1

ぢっと手を見る
Img_5300_1

こんな日々が続く今日この頃です。
だから用事のない休日は寝子になって寝るのが幸せなのだ。
Img_5308_1

忙しいうちが華だ、明日からまた頑張ろうワタシ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2013.02.10

山居倉庫。

昨年の夏休み。
我が家は車で行ける範囲であちこち行きますが、このときは山形県の酒田に行って海鮮丼を食べようという趣旨で出かけました。

さかた海鮮市場に到着し、できれば食堂とびしまに入りたかったものの、11時半ぐらいで2階の入り口から1階のフェリー乗り場近くまですでに行列。あきらめて、他のところに入りました。それでも、市場で食べる魚は美味しかったのです。

その帰り道、多分他の方のブログで見かけていた山居倉庫に行きたいと思い立ち寄ってみました。
何の知識もなく向かいましたが、観光物産館になっているんですね。ちょっとしたお土産も買うことができました。

ケヤキ並木と黒壁が良い雰囲気。
Img_5120_1

酒田市観光物産館Hpより引用

山居倉庫は明治26年(1893)、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造され、築百年以上経った今も現役の農業倉庫として活躍しています。土蔵造りの12棟の屋根は二重構造で、倉の内部は湿気防止構造になっているほか、背後を囲むケヤキの大木は日よけ、風よけの役目を果たし、自然を利用した低温管理が行われています。

実際、ケヤキ並木側はちょっぴり涼しかったですよ。建物を建てるにあたってよく考えられてるのがわかります。

反対側。松の木の向こう側は川でした。
Img_5117_1

母親の生まれが山形の内陸部なので、あまり縁のない海側のエリアは新鮮でした。
またいつか来よう。

酒田港。海を見るといつもテンションあがります。
Img_5116_1



| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.02.04

凛とした猫。

Img_5283_1

猫であり、寝子。

寝ている時間が長くなりました。
ワタシは一緒に寝てます。早く部屋に戻ってきて寝よう、とよく呼び出されます(^^)

顔はキリッとしているつもりですが、実は眠いときの顔です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | July 2013 »